相続税対策のポイント|入居率を上げやすいアパートの一棟買い|利益も十分に入る

入居率を上げやすいアパートの一棟買い|利益も十分に入る

男女

相続税対策のポイント

男の人

相続税対策になります

日本は戦後になってすぐに、それまでとは異なって若者世代が急激にたくさん生まれて、第一次ベビーブームが発生するようになりました。しかしその後の日本は、第2時ベビーブームが発生した以外は、徐々に若者世代の出生が少なくなる傾向が続いています。その結果として現在の日本は、高齢者の多い状態になっていますので、資産の多くを高齢者が所有している状況です。このように高齢者が資産を所有していることで、発生しやすいのが遺産相続ですが、遺産相続の際に金額が多いと相続税が発生します。相続税の税率はほかの税金と比べて高いですますから、その対策として人気になっているのが、家賃保証を行ったうえでの不動産一括借り上げシステムです。

成功を納めるポイント

家賃保証が行われることから、不動産一括借り上げシステムは、とても有効な相続税対策になりますが、成功を納めるためにはポイントが存在します。不動産一括借り上げシステムで家賃保証を業者が行うためには、入居者が一定以上の割合で入居してくれなければ利益の確保が困難になります。仮に入居者が一定以上の割合で確保できなければ、業者は家賃を下げますから、持ち主に対する支払いも少なくなるのです。その点においてある程度以上の乗降客が多い駅の周辺であれば、時代が移り変わっても、入居者を確保することが容易です。したがって相続税対策のために、家賃保証による不動産借り上げシステムを利用する際には、乗降客の多い駅の周辺を選択すると、成功しやすくなります。