入居率を上げやすいアパートの一棟買い|利益も十分に入る

つみ木
男の人

相続税対策のポイント

高齢者が多いことで発生しやすい相続税対策として、家賃保証を行ったうえでの不動産一括借り上げシステムが人気になっています。ただし入居者を一定以上で確保して成功を納めるためには、乗降客の多い駅周辺を選択することがポイントです。

入居率を上げる

アパート

一棟なら利益も十分

アパートは一棟あたりの戸数がマンションよりも少ないことから、一棟買いをするオーナーが大半です。アパートの一棟買いには、ひとつの部屋を買うよりも大きなメリットがあります。まず取り扱う戸数が増えることにより、純粋な収入がアップします。また一部屋だけの経営に比べて、ひとつの空室を気にかけなくても良くなります。アパートを経営していく上で、満室にならなければ黒字にならないと言う設定はありません。ある程度の入居率を保っていれば利回りを得ることができるように設定されていますので、入居者の入れ替わりなどで多少の空室が出ても他の部屋の利益で経営を続けていくことができます。一棟買いなら毎月の家賃収入も多くなるため、不動産経営で生活をしていきやすくなります。

融資を受けてスムーズに

アパートは手ごろな家賃に設定されることも多いように、マンションよりも初期投資の額が安くなります。そのため一棟買いもしやすくなっているのです。一棟買いを行うためには融資を受けることが一般的ですので、ある程度の資金を持っていた方が有利になります。もちろん収入が安定していることが認められる場合や、アパート自体の価値が高い場合には融資も受けやすくなります。融資を受けて経営を始めることで、自己資金を使わずに投資を始めることもできるようになるため物件を増やしていきやすくなります。一棟を購入することを考えているなら、どのようなエリアが人気になっているのかなど情報を集めることも経営する上で重要になってきます。

マンション

経営を委託する

賃貸管理業務はマンション経営を行う上で、重要なポイントとなります。直接、入居者との対応が必要になりますので、素人にとっては大変な業務です。そのため、多くの経営者が賃貸管理業務を第三者に委託しており、効率的な経営を実現しています。

家と硬貨

ビジネスをする時には

賃貸マンションなどの収益マンションに魅力を感じる人は、大阪でも多いです。収益物件にと投資する時は、減価償却などを活用して上手く節税することも大切です。防犯システムを最新にするなどの効果的なリフォームで、賃貸マンション経営を安定化することもできます。